HOME > ニュース記事 > 2020年度県連定期大会が成立

活動報告

2020.7.30

By 国民民主党山口

2020年度県連定期大会が成立

画像用_国民民主党正式ロゴタイプデータ_20180521-01.png

国民民主党山口は30日、2020年度国民民主党山口第2回定期大会を代議員による書面決議により実施し、すべての議案が了承され、大会が成立しました。

今年度は、コロナ禍の影響で県連定期大会を延期していましたが、収束が見えないため代議員による書面決議での実施としました。
今年度の役員は前年に引き続き代表に加藤寿彦、副代表に大内一也、三浦昇、戸倉多香子、幹事長に小田村克彦、副幹事長に酒本哲也が就任。衆議院議員の任期が残り1年余りとなり、いつ解散総選挙になってもおかしくないため、1区の公認予定候補となっている大内一也の必勝に向け全力となって取り組むことも決定しました。

なお、議案審議期間中に立憲民主党との新党結成の協議が正式に始まりましたが、県連としては新党結成かそれとも存続か、いずれにしても今後の協議を見守る間もしっかりと活動は続けていくため、代議員に議案の審議を行ってもらいました。

今年度の役員、活動方針は次の通り。
pdficon_large.gif2020年度国民民主党山口役員 一覧

pdficon_large.gif2020年度国民民主党山口活動方針

前のページに戻る