HOME > ニュース記事 > 県連大会は書面決議で

活動報告

2020.6.19

By 国民民主党山口

県連大会は書面決議で

IMG_20200619_100029.jpg

国民民主党山口は19日に第3回幹事会を開き、コロナ禍で見送っていた県連定期大会の通常開催を取り止め郵送による書面決議にすることを決定しました。

これまで県連大会は代議員をはじめ、党員、来賓などを招いて3月頃に開催していましたが、今年は新型コロナ感染防止のため開催のメドが立っていませんでした。山口県では5月5日以降感染者は出ておらず、現在緊急事態宣言も解除されていますが、全国各地でクラスターが単発で発生しており、先の状況が今現在も予測できないことから、今年に限って書面決議での開催とすることを決定しました。

IMG_20200619_102622.jpg

また、6月7日に執行された周南市議選の結果報告後、国民民主党公認で出馬し次点となった玉井伸昌氏があいさつに立ち、「力不足により、このような結果となり誠に申し訳ない」と陳謝し、今後について「周南市がこのままでいいのか、周南市のために自分にできることがあるのではないか、という気持ちは選挙前より強くなった。出来得るなら、4年後に向け勉強を続けていきたい」と説明しました。

前のページに戻る