HOME > ニュース記事 > 全国幹事会WEB会議

活動報告

2020.5.13

By 国民民主党山口

全国幹事会WEB会議

IMG_20200513_173049.jpg

国民民主党は13日、全国幹事会・自治体議員団等役員合同WEB会議を開催。山口県連からは、県連事務所にて小田村克彦幹事長はじめ、女性議員ネットワーク世話人の戸倉多香子県議、全国青年委員会委員長の部谷翔大市議の3名が参加しました。

IMG_20200513_181847.jpg

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、本部で一同に会していた全国幹事会を取りやめ、オンライン会議システムを用いた会議に変更して実施されました。

いち早く国民一人10万円支給を訴えてきた玉木雄一郎代表は「世論の後押しもあり、我々が主張していた定額給付金が実現した。近々2次補正が組まれると思うので、引き続き地方の皆さんの声を聞き、政策提言につなげたい」と呼びかけました。

IMG_20200513_181540.jpg

各都道府県からは、新型コロナウイルスに関連した地方での取り組みや有権者から寄せれた要望、制度の改善点など、様々な意見があげられ、それらについて玉木代表はじめ泉健太政調会長、平野博文幹事長ら党役員が本部から回答。山口県連からは戸倉県議が里帰り出産等の妊婦支援を訴えました。

前のページに戻る