HOME > ニュース記事 > 新型コロナ 自治体に要望提出

活動報告

2020.4.23

By 国民民主党山口

新型コロナ 県や市に要望提出

IMG_20200423_150220.jpg

国民民主党山口と立憲民主党山口県連は23日、新型コロナウイルスが県内で感染拡大傾向にあり、県民生活や経済活動に大きな影響が出ていることから、山口県に各県連で取りまとめた要請書を提出しました。

IMG_20200423_152323.jpg

国民民主党山口は加藤寿彦代表、大内一也副代表、小田村克彦幹事長が出席。県民から寄せられた声などをもとに、「検査体制の充実」や「県内外への人の流れの抑制」「休校措置の徹底」「罹患者への差別対策」など6項目から要請書を県の担当者に手渡した。加藤代表は職員が多忙の中で時間を割いてくれたことに謝意を示し、「新型コロナは目に見えないし、感染し無症状で知らずに他者に感染させる恐れがあるなど、対策が難しく県民の不安も日に日に増している。まずは検査体制を整え、希望する人が検査できるようにしてほしい」と申入れし、「県知事も休業要請や救済策などいろいろ手を打ち始めている。我々もコロナが一日も早く終息するよう、できる限り協力していきたい」と述べました。

立憲民主党山口県連は坂本史子代表、久冨海幹事長、松本武士幹事が出席し、「事業者支援策の拡充・迅速化」や「地方税の減免措置」など9項目の要望をしました。

部谷市議は具体例を示し山口市へ要望
山口市には、国民民主党全国青年委員長を務める部谷翔大・山口市議は20日、新型コロナウイルス対策の要望書を提出。部谷市議がまとめた要望は「発症時の対応」「医療崩壊防止」「人権侵害対策」「教育子育て」「事業継続支援」などで、市に求める対策とともにどのような対応が可能か複数の具体例も併せて提言しています。

pdficon_large.gif山口県に対する新型コロナウィルス感染症対策要請書

pdficon_large.gif部谷市議が提出した新型コロナウイルス対策の要望

前のページに戻る