活動報告

2019.4.16

By 国民民主党山口

加藤寿彦氏が代表代行

IMG_20190416_095554.jpg

山口県議会議員選挙後、初となる第3回県連幹事会を山口市内で開催し、けがのため長期療養中の西嶋裕作代表に代わり、加藤寿彦副代表を代表代行とすることなどを決めました。

まず、西嶋代表が長期療養の中、次回の県連大会まで副代表筆頭の加藤寿彦氏を代表代行に任命することを満場一致で議決。加藤氏は「県議選で新たな顔ぶれが決まった。西嶋代表の代わりは重責だが、皆さんと一緒にタッグを組んで頑張っていきたい」とあいさつしました。

また、今夏の参議院議員選挙に党公認で出馬予定の大内一也氏の選挙体制についても議論し、選対本部長に加藤代表代行、選対副事務局長に三浦昇副代表、事務局長に小田村克彦幹事長が就任することなどが決まった。

また、統一地方選のため先延ばしとなった県連大会については、6月初旬の開催で調整することを確認。大会に合わせて、大内一也氏の決起大会も開催することとしました。

前のページに戻る


HOME > ニュース記事 > 加藤寿彦氏が代表代行