HOME > ニュース記事 > 大内氏を参院選公認候補へ

活動報告

2018.12.1

By 国民民主党山口

大内氏を参院選公認候補へ

IMG_20181201_105831.jpg

 国民民主党山口は1日、衆議院山口県第1区総支部長の大内一也氏を次期参議院選山口県選挙区の公認候補として、党本部に申請することを幹事会で決定しました。

 幹事会では、西嶋代表がこれまで擁立に向け進めてきた参院選候補者選定の経過について説明。昨年の衆院選で党が分裂するなど党勢が振るわず、調整は難航していましたが、参院選まで半年と迫った中「自民1強を食い止める大事な参院選で、不戦敗はあり得ない」と、最終的に衆院選山口1区の公認内定が決まっていた大内氏に鞍替えを打診し、大内氏からも了承を得ました。

IMG_20181201_122816.jpg

 幹事会終了後、インタビューに応じた大内氏は「衆議院1区での出馬を目指し活動してきたので、正直苦渋の選択だった。しかし、今の国会を見ていると、十分な議論もせず、強行採決ばかりであまりにもひどい。安倍政権のお膝元で、政権交代に向けた足掛かりとなれるよう、しっかりと戦っていきたい」と話していました。

 県連では幹事会の決定を受け、党本部へ大内氏の参院選公認の申請を行い、了承され次第、改めて会見を行う予定です。

前のページに戻る