HOME > ニュース記事 > 幹事会 1区に大内一也氏

活動報告

2018.6.11

By 民進党山口

幹事会 1区に大内一也氏

IMG_20180611_103103.jpg

 国民民主党山口は11日、第1回幹事会を開き、衆議院山口1区に大内一也氏(44)を公認内定候補として、党本部に推薦することを決定しました。幹事会の決定を受け、大内氏は「昨年の秋は、選挙直前で党が変わるなど、混乱の中での戦いとなった。改めて仲間の皆さんと一緒に頑張っていきたい」と意気込みを語りました。

 大内氏は周南市出身。徳山高校、山口大学を卒業後、現NTT西日本に入社。1期目を務めていた千葉県の鎌ケ谷市議会議員を辞職し、昨年3月に民進党公認で郷里の山口1区からの出馬を表明。10月の総選挙直前に党の方針に従い、希望の党からの出馬となりましたが、自民党の牙城を崩すことはできませんでした。選挙後は、周南市内の老人介護施設に介護職員として勤務する傍ら、政治活動も継続して行い、国民民主党(民進党)山口の会合などにも参加していました。

IMG_20180611_103143.jpg

 このほか、幹事会では来年春の統一地方選挙に向けた取り組み強化や来年夏の参議院議員選挙などについても話し合いが行われました。

前のページに戻る