HOME > ニュース記事 > 山口1区 大内一也氏に決定

活動報告

2017.3.28

By 民進党山口

山口1区 大内一也氏に決定

P3280097.JPG

民進党山口は28日、衆議院山口1区(山口・防府・周南)の公認内定候補に周南市出身の鎌ケ谷市議会議員・大内一也氏(おおうち・かずや、43)に決定したことを受け、山口市内のホテルで記者会見を行いました。

P3280026.JPG

記者会見には、大内一也氏のほか、民進党本部選挙対策委員長の馬淵澄夫衆議院議員、民進党山口の西嶋裕作代表、同じく民進党山口の小田村克彦幹事長が出席。冒頭、馬淵選対委員長は「大内氏から郷里・山口から立候補したいということを聞いて、当初は驚いた。山口1区はかつて民主党候補が比例復活した選挙区でもあり、不毛の地ではない。党としても全力で大内氏をバックアップしていきたい」と話しました。

P3280039.JPG

山口1区からの出馬を決めた大内氏は「幼少から高校まで周南市で育ち、大学・NTT時代に山口市で生活していた。ここふるさとから立候補し、安倍政権と対峙し、しっかりと政権交代を目指していきたい」と意気込みを語りました。これからの活動については「勤め時代、先輩や同僚から『打たれ強い』『諦めが悪い』と言われてきた。その性格を長所と捉え、選挙という活動にも生かして粘り強く戦っていきたい。とくにかく、一人でも多くの人に『大内一也』」を知ってもらえるよう、選挙区内を歩いていきたい」と述べました。

P3280048.JPG

大内氏は1973年10月10日生まれの43才。1才から周南市に移り住み、徳山小学校、岐陽中学校、徳山高校を経て、山口大学経済学部を卒業。西日本電信電話株式会社(現NTT西日本)に入社し、山口支店に勤務していました。転職を経て、2012年に人材育成会社を設立し、2015年には千葉県鎌ケ谷市の市議会議員選挙に立候補し、初当選を果たしました。

大内氏は鎌ケ谷市議会議員を3月31日付で辞職予定。後援会づくり、事務所選定などは、4月からは本格化させます。

大内氏の出馬についての考えは、PDFでご覧いただけます。
pdficon_large.gif大内一也「出馬にあたって」.pdf



前のページに戻る