HOME > ニュース記事 > 第1回幹事会 党改革など議論

活動報告

2018.1.18

By 民進党山口

第1回幹事会 党改革など議論

IMG_20180125_135033.jpg

民進党山口は第1回幹事会を開き、現在党本部に進めている党改革について議論したほか、各種自治体選挙の対応についても協議を行いました。

小田村克彦幹事長は、昨年の衆院選以降、党本部で行われてきた党改革や統一会派について、これまでの経緯を説明。幹事からは「なぜ希望の党との統一会派が優先される形になったのか」「希望の党との会派結成が見送られた今、立憲民主党との統一会派もあり得るのか」などの意見がでました。また、2月4日に党大会が行われることから、衆院選で希望の党から出馬した候補者とできるだけ早く一緒に活動ができるよう、党本部に要望することなどを確認しました。

また、4月以降に行われる山口市議選、下松市議選、萩市議選などでは、民進党の公認・推薦候補はいないものの、協力議員の支援を行い、一人でも多くの仲間を増やしていくことで一致しました。

前のページに戻る