HOME > ニュース記事 > 新代表に大塚耕平氏選出

活動報告

2017.10.31

By 民進党山口

新代表に大塚耕平氏選出

大塚耕平新代表.jpg

前原誠司前代表の辞任を受け、民進党は31日に代表選を実施し、新代表に元厚労副大臣で参議院議員の大塚耕平氏を選出しました。

大塚氏は就任記者会見で、地方組織、参議院を民進党に残し、党の立て直しを最優先で取り組んでいく考えを示し、「早い時期に全国幹事会を開催し、地方組織の現状把握に努めたい」と語りました。そのうえで「立憲民主党、希望の党、民進党を中心にした政権交代を目指していく」としながらも、野党の早急な合併再編ではなく、まずは党間の信頼関係を構築していくことを強調しました。

大塚新代表は名古屋市生まれの58歳。日本銀行に入行し、2001年の参議院議員選挙(愛知選挙区)で初当選。内閣府副大臣、厚生労働副大臣などを務め、現在3期目。

前のページに戻る