HOME > ニュース記事 > 県連幹事会 3区に坂本史子氏擁立

活動報告

2017.9.20

By 民進党山口

県連幹事会 3区に坂本史子氏擁立

IMG_20170920_150028.jpg

民進党山口は20日、第8回幹事会を開催し、3区に山陽小野田市出身で現目黒区議会議員の坂本史子氏を公認内定候補として擁立することを決定しました。また、10月29日執行予定の山口市長選挙では現職の渡辺純忠氏を推薦することも決めました。

臨時国会冒頭解散の流れが強まる中、坂本氏から区議を辞職して衆院選に出馬する意思が固まった旨の連絡を受け、幹事会で坂本氏の3区擁立を決定しました。
坂本氏は24日に出馬表明の記者会見を山口で実施します。

また、4区については1人の人物に絞り最終調整に入っていることを報告。確認事項が残っていたためこの日の幹事会で結論が出せないため、最終決定は三役一任とすることを確認しました。

なお、2区については難航しており、「解散まで日にちがない。現時点では厳しいと言わざるを得ない」という意見が出ました。

山口市長選は渡辺純忠氏を推薦

この日の幹事会では10月22日告示、10月29日投開票の山口市長選挙の対応も協議。現職の渡辺純忠氏と前市議の有田敦氏の両氏から推薦依頼を受けていたが、3期12年の実績等を考慮し、渡辺氏を推薦することを決定しました。

前のページに戻る