HOME > ニュース記事 > 代表選討論会in新居浜

活動報告

2017.8.24

By 民進党山口

代表選討論会in新居浜

IMG_20170824_162108.jpg

民進党代表選挙が21日に告示され、候補者による全国遊説が行われている中、中国・四国ブロック討論会が24日、愛媛県新居浜市で開催されました。山口県からは党員・サポーター、自治体議員ら6名が参加しました。

IMG_20170824_152823.jpg
IMG_20170824_152118.jpg

代表選に立候補している前原誠司衆議院議員(8期、京都2区、55)と枝野幸男衆議院議員(8期、埼玉5区、53)が登壇。それぞれ立候補を決めた理由や党首として目指す政策、党の再生などを訴えました。
会場からの質問では「なぜ支持率が回復しないのか。その原因はどこにあるのか」や「野党共闘、憲法改正についてどう考えているか」、「地方から見ていて、バラバラに行動する国会議員に憤りを感じる」など厳しい声が上がり、それぞれ制限時間内に自らの考えを述べる中、「政策的には甲乙つけがたい。ちょっとお互いの優れた点を聞かせてほしい」という問いには、同期で付き合いも長い両氏とも笑顔になり、場の雰囲気が一瞬に和む場面もありました。

IMG_20170824_162134.jpg

最後に、10月22日のトリプル補選に愛媛3区から民進党公認で出馬予定の白石洋一(しらいし・よういち)氏も登壇し、必勝を誓い合いました。

なお、民進党代表選挙は、全国の党員・サポーター、党所属地方自治体議員、国政選挙予定候補者、国会議員の投票で、新しい党代表を決定します。

山口県内の党員・サポーターにも投票用紙・選挙公報が随時郵送されています。返送は8月30日(水)必着となっていますので、ぜひ大切な1票を投じてください。

前のページに戻る