HOME > ニュース記事 > 大内一也事務所開き

活動報告

2017.7.17

By 民進党山口

大内一也事務所開き

P7170081.JPG

民進党山口県第1区総支部は17日、総支部長・大内一也氏の事務所開きを周南市のピピ510で開催し、200人を超える方々が参加しました。

大内氏は3月、次期衆院選山口1区(山口・防府・周南)の民進党公認候補に内定。このほど、活動拠点となる事務所を周南市に開設しました。

P7170012.JPG

大内氏を推薦決定した連合山口の中繁尊範会長は来賓としてあいさつに立ち、「大内氏の立候補表明は大変心強い。山口から政治の流れを変えるために、連合として最大限の支援を行い、大内氏必勝を期していきたい」と述べられました。

P7170019.JPG

民進党山口顧問、元法務大臣の平岡秀夫氏も東京から応援に駆け付け、「昨年、大内氏から山口1区から出馬したいと相談を受けた。彼には慢心や過剰な不安はない。私は46歳で衆議院議員になり、政権交代、総務副大臣、法務大臣を経験した。現在43歳の大内氏も必ずできる。皆さんの力で大内氏を国政に送ってほしい」とエールを送りました。

P7170026.JPG

続いて、民進党本部から玉木雄一郎幹事長代理が登壇。昨年の党代表選で大内氏が玉木陣営に入り、支援活動をしてくれたことから交流が始まったということで、「今日は個人的にも大内さんを応援しに来た。大内さんは冷静な目と、奥に秘めた情熱を持っている。東京で生まれ育った国会議員が増える中、彼は大学まで山口で育ち、最初の就職先も山口が勤務地だった。地方の実情が本当にわかる人、大内氏こそ国政の場には必要」と大内氏に太鼓判を押した。

P7170056.JPG
P7170044.JPG

最後に登壇した大内氏は参加者を前に「安倍政権になり、株価は上がり、求人倍率も上がった。すべての政策を否定しないが、将来が安心できる、生活が良くなったと実感している国民がどれだけいるでしょうか」と投げかけ、「北欧の社会は税負担は大きいが、子育て、医療、年金、介護などの社会保障が厚く、国民の幸福度も高い。経済の数字だけを見るのではなく、国民の暮らしに重点を置いた政治を、私はこれから民進党とともに進めてきたい」と改めて決意を述べました。

なお、事務所開きはピピ510で行いましたが、大内一也事務所は下記になります。お間違えの無いよう、ご注意ください。

【大内一也事務所】
〒745-0062
山口県周南市月丘町1-5
TEL:0834-31-1558 FAX:0834-31-1559





前のページに戻る