HOME > ニュース記事 > 連合山口旗開き

活動報告

2017.1.18

By 民進党山口

連合山口旗開き

P1180032.JPG

連合山口旗開きが18日、山口市内ホテルで開催されました。あいさつに立った民進党山口の西嶋裕作代表は誰もが安心して働き、生活できる社会を目指すとともに、次期衆院選に向け候補擁立に全力を尽くすことを約束しました。

P1180019.JPG

新春恒例、連合山口の旗開きには労働組合関係者や行政機関、首長、議員など多数が出席。連合山口の中繁尊範会長は、今年は政府が進める働き方改革が重要とし、「長時間労働の是正、同一労働同一賃金など、労働者の立場に立った改革が本当になされるのか、注視しなければいけない」と述べました。

P1180021.JPG

村岡嗣政知事も来賓として登壇され、昨年の山口県は企業進出が堅調に推移しており、正社員の有効求人倍率が1.06倍となり統計調査依頼最も高くなってることを報告されました。

P1180039.JPG

出席者で乾杯をした後、それぞれ交流を深めました。

北川正恭・元三重県知事が講演

P1180007.JPG

なお、連合山口は旗開きに先立ち、政策フォーラムを開催。元三重県知事で早稲田大学名葉教授の北川正恭氏が講師に招かれ、「地方創生をどう進めるか」について講演されました。

P1180014.JPG

同フォーラムには、民進党山口所属の自治体議員も多数参加し、これからの政策にどう生かしていくか勉強していました。

前のページに戻る