HOME > ニュース記事 > 山口県連幹事長 代表選結果コメント

活動報告

2016.9.15

By 民進党山口

山口県連幹事長 代表選結果コメント

民進党初の代表選挙の結果、新代表に蓮舫氏の就任が決定した。

今回の代表選では、蓮舫、前原誠司、玉木雄一郎の3氏が立候補し、期間中全国各ブロックを遊説し、それぞれ各候補が党の目指すべき道、これからの重要政策など、広く国民に訴えることができたのではないかと感じている。

その中で、蓮舫氏が党員・サポーター、自治体議員、公認候補予定者、国会議員票で圧倒的多数の支持を得たことは、同氏の持つ「情報発信能力」と「実行力」、そして「女性リーダー」への期待からと考える。

蓮舫新代表には、力強いリーダーシップのもと、党内議論をまとめ、生活者・納税者・消費者・働く者のための“政策提言政党”として党イメージを刷新し、国民の信頼を取り戻し、政権担当能力を示していかれることを期待している。

民進党山口も、自治体議員を県下市町に一人でも多く増やし、住民の声、多様な意見を国政に届けられるよう、体制を整えていきたい。

                                                                          2016年9月15日

民進党山口県総支部連合会
幹事長  小田村 克彦



前のページに戻る