HOME > ニュース記事 > 前原氏が山口県入り

活動報告

2016.9.5

By 民進党山口

前原氏が山口県入り

P9050004.JPG

民進党の代表選挙が行われている中、候補者の前原誠司衆議院議員が立候補のあいさつのため5日、山口県入りしました。

前原氏は前日に福岡県久留米市での候補者討論会、街頭演説会を終えた足で、福岡県10区公認内定の城井崇・元衆議院議員らとともに山口県入り。山口県議会、山口市議会に立ち寄った後、県連事務所を訪問されました。
突然の予期せぬ訪問だったため、職員一同びっくり。西嶋代表、小田村幹事長ともに不在でしたが、ご自身が撮影されたSLやまぐち号の写真(昨年の民主党山口政治スクールで講師に来られた前原氏が県連に寄贈)の前での撮影に応じてくれ、「自分で言うのあれだが、これはなかなかいい写真」と茶目っ気たっぷりに自画自賛し、ざっくばらんな一面も見せてくれました。

民進党代表選には、前原氏のほか、蓮舫参議院議員、玉木雄一郎衆議院議員が立候補。本日、岡山市で中国ブロックの討論集会、街頭演説会が行われるほか、全国各地を巡り、9月15日の臨時党大会で党員・サポーター、自治体・国会議員の投票で新代表を決定します。

山口県内の党員・サポーターにも投票用紙が随時郵送されます。返送は9月12日(月)必着となっていると思いますので、ぜひ大切な1票を投じてください。

前のページに戻る